ホーム > サスティナビリティ > 従業員の安全と健康

従業員の安全と健康

サンアロマーはレスポンシブル・ケアに関する行動指針において「安全と健康の確保および環境の保護に関する諸活動に積極的に参加するとともに、社会との対話を深め、理解と信頼の向上に努める」と掲げており、従業員の安全と健康においても様々な活動を行っております。

安全について

安全衛生マネジメント

安全についての考え方

サンアロマーでは「企業活動における安全の確保は、経営の基盤をなすものであるとともに、企業に課せられた必須かつ重大な社会責務である。したがって、生産活動およびその他全ての活動においては、安全確保を最優先のものとして関係する諸法規を遵守するとともに、事故・災害を未然に防止し、もって、従業員の生命ならびに生産施設を守り、地域・公共の安全を確保しなければならない。」と安全管理手順に定めており、この理念に基づいて適切な体制の構築と各種施策を実施しています。

推進体制

安全管理の最高責任者は代表取締役社長であり、全ての本部を指揮し、全社の安全に関する総合的施策の推進を図ると定めています。 安全管理組織として、社長、副社長、本部長、工場長等をメンバーとするレスポンシブル・ケア委員会(保安対策委員会を兼ねる)を設置し、全社の安全に関する総合施策・基本計画の検討・決定およびその総合的推進を図っています。

労働安全衛生

サンアロマーでは「労働安全衛生」を重要課題と位置づけ、以下のコーポレートKPIを設定しています。

休業・不休災害件数0件の達成

各工場においては、労働安全衛生マネジメントシステム(ISO45001)を構築し認証を取得しており、このマネジメントシステムの下、適切にPDCAサイクルを繰り返すことにより継続的改善を図り各種安全活動に取り組んでいます。
サンアロマーにおける活動の一部をご紹介いたします。

各拠点でのヒヤリハット活動

この活動では、提出件数とともに発生したヒヤリハットに対してリスクアセスメントを行い、適正な処置や対策を講じて、リスクの軽減に努めています。

5S活動

5S活動を徹底的に行うことで職場環境の安全性向上に努めています。

危険予知活動

日常の業務、作業に潜むリスクを洗い出し、日々対策を講じています。

安全セミナーの実施

毎年7月の全国安全週間に合わせ、従業員向けの安全セミナーを開催しています。

健康について

健康経営の推進

サンアロマーでは働く従業員とその家族の心身の健康が経営の重要な基盤の一つであると位置付け、その維持と向上推進のため「健康経営宣言」を掲げています。

健康経営宣言

サンアロマーで働く従業員とその家族の心身の健康が経営の重要な基盤と考え、
「社員を元気にする!」 を目標に働きやすく、働きがいのある環境を整備し、
健康管理体制を構築します。
また疾病の予防や改善にとどまらず、昭和電工グループの一員として、
健康意識(ヘルスリテラシー)の高い社員の増加を目指します。

定期健康診断受診率100%

設立以来、受診は100%を継続しています。
二次健診が必要となった従業員には、受診を促す為に産業医、保健師よりメールで直接呼びかけるなど取り組んでいます。
婦人科がん検診、家族の生活習慣病健診、専門ドック(脳・肺・胃)が受診可能な環境を整えています。

健康づくりの取り組み

社員自ら健康づくりに取組む目標KPIを挙げ実施しています。
「運動」、「睡眠」、「食事」、「タバコ」、自らできるKPIを設定し、それぞれの社員が達成率を認識し、自己管理を進めています。

ワークライフバランスの推進

一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、人生の多様な生き方が実現できる適切な働き方に向けて、「常態としてのテレワーク」を選択できるほか、コアタイム無しのフレックス時間勤務の導入を設け、時間外勤務の縮減や、計画年休を取り入れ、有給休暇の取得を促進しています。
産休、育児・介護、私傷病等の欠勤、休職に関する規程を設け、安心できる環境を整えています。

職場の活性化

四半期ごとにコミュニケーションセッションを開催し、社長、副社長が直接、全従業員に対して、業績報告説明を行い、都度従業員からの質問に答えるなどの場を設けています。
従業員同士のコミュニケーション促進の取り組みとして、「レコグニションアワード」という表彰制度を設け、他の人(同チーム含)から受けた行動に対して、感謝を示す事を推奨しています。

メンタルヘルス対策

相談窓口を定期的に周知し、安心して相談を受けられるよう、環境を整備しています。
毎年ストレスチェックを行い、自身のストレスへの気づきを促すとともに、メンタル不調の未然防止に繋げています。
休職中も、復職後も対象者には、定期的に産業医面談を行っています。

▲ページの先頭へ戻る