ホーム > 会社情報 > 沿革

沿革

1955年 日本石油(株)の全額出資により、 日本石油化学(株)設立、石油化学事業に進出
1957年 昭和電工(株)、石油化学事業に進出
日本石油化学(株)エチレン設備完成、川崎コンビナート操業開始
1969年 昭和電工(株)大分コンビナート竣工、12月ポリプロピレン設備完成、操業開始
1989年 日本石油化学(株)コンビナートに浮島ポリプロ(株)のポリプロピレン設備完成
1993年 昭和電工(株)大分・気相法ポリプロピレン 設備完成
1995年 JPO(日本ポリオレフィン(株))設立、昭和電工(株)・日本石油化学(株)から事業譲渡
1996年 JPOとMontell(現LyondellBasell)が共同でMJC設立、JPOからMJCに自動車用途ポリプロピレン事業を譲渡
1999年 MSS(モンテル・エスディーケー・サンライズ(株))設立、JPOからポリプロピレン事業を譲渡
2000年 大林産業(株)と共同で韓国にポリミレイ社設立
2001年 MSSからサンアロマー(株)へ社名変更
2002年 サンアロマー(株)が日本石油化学(株)からUPP(浮島ポリプロ(株))株式を全株譲渡
2007年 UPPを解散し、サンアロマー(株)に事業譲渡
2010年 生産能力を約6万トン増強、新プロセス技術の導入
2016年 LyondellBasellが保有する全株式を昭和電工(株)とJXエネルギー(株)が取得

▲ページの先頭へ戻る